堤防釣り

DSC_0049

堤防釣り又は防波堤での釣りの話題です。

まずは太刀魚釣りで有名な武庫川一文字のご紹介

武庫川は兵庫県南東部にある川です、その河口から西へのびる長さ4,000m位の防波堤がありこれが略称「武庫一」と呼ばれる日本一長い防波堤で、夏から冬にかけて太刀魚がよく釣れるので阪神間では有名な釣り場です。

200910#9

この釣り場へは渡船で10分~20分かかり現在の渡船料金は¥2.200.-で夏場は朝5時から最終9時まで渡船が走ってます。

堤防は写真のように南側は高く北側は低くなっており高い方は海面から4~5mあるので子供は少し危ないですが北側はかなり幅があり子供でも釣りが楽しめます、魚種も豊富でおいおいご紹介していきます。

武庫一地図

武庫川一文字の構造と渡船(武庫川渡船のブログより)

武庫一断面

1番:久保渡船 2番~6番:武庫川渡船 7番~9番:西野渡船

久保渡船

久保渡船

武庫川渡船

武庫川渡船

西野渡船

西野渡船

太刀魚浮き釣り

%e5%a4%aa%e5%88%80%e9%ad%9a%e4%bb%95%e6%8e%9b%e3%81%912

浮き釣りの仕掛けは上図のような構成です(web siteより拝借)

まず市販の太刀魚仕掛けをご紹介、えさはキビナゴをよく使います。

左図は針の位置をエサの大きさにより移動して固定できるタイプで上の針は頭の固いところに、下の針は背中に固定する、エサは水中では垂直に立っている。

右図はエサが水中で水平に浮いており魚が泳いでるように見えるタイプである。

私の場合は左図の2本バリを常用しています、エサはス-パ-などで1パック¥200~¥300円で入手でき、見つけたときに購入し冷凍しておけば役に立ちます。

電気ウキは3号の市販のものを使います、ウキ下を調節できるように浮き止めを使用し時間により調整します、一般的に明るい時間は深めで日が暮れたら浅めにセットするのがいいようです。

%e5%a4%aa%e5%88%80%e9%ad%9a%e9%9b%bb%e6%b0%97%e6%b5%ae1太刀魚釣りは日が暮れてからがつり時で、ヘッドライト等の照明が必須になり忘れないように用意をしてください、また太刀魚は歯がするどく歯に触れるとケガをするので注意が必要です。釣り竿はなるべく軽い1~2号を使いましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中